DELTAGEN

3DEXCITE DELTAGEN 2020x

CADの性能を解き放つ。

パフォーマンスがさらに進化した3DEXCITE DELTAGEN 2020x。今回のリリースでは、ワークフローのカスタマイズ、自動化、マテリアル、レンダリング性能向上などの機能強化を実装しています。新しいLayer Creatorは、オンラインの製品ビジュアライザ向けのモデル・コンテンツ制作作業を飛躍的に簡素化。インタラクティブの新たな可能性を広げます。設計やエンジニアリングの期間を短縮し、マルチチャネル・マーケティング向け製品を視覚化することが、さらに容易になります。

主な機能

  • Layer Creatorによるレイヤーの自動作成
  • Adobe® Substance Designer
  • 検索と置換
  • 3DEXPERIENCE PBRマテリアルの強化
  • 3DEXCITE STELLARの性能向上
  • 色空間管理の自動化

DELTAGEN2020xの新機能

コア機能

Stellarレンダリング・エンジンにより一瞬でシャドウを焼き付けます。シャドウ・マップの生成に最適化されたUVアンラップ機能が、製品モデルの臨場感を飛躍的に高めます。時間を節約するため、モデル更新時には既存のシャドウに対しては再計算を行わず、追加、変更された箇所だけにシャドウの焼き付け処理を行います。PDMXMLファイルでの作業も、優れたシャドウ・ソリューションでワークフローを補完します。

堅牢なStellarレンダリング・エンジンを使って、圧倒的なステレオ・パノラマ画像を出力できます。グローバル・イルミネーションとStellarの物理ベース・レンダラーを組み合わせて、高品質のVRコンテンツを作成し、VR対応のヘッドセットを通して出力できます。高度なレンダリング設定を利用すれば、複数のパスを出力してシーン・バリアントを生成し、VR環境で直接使用することも可能です。DELTAGEN STAGEを導入すれば、データ消費の少ない没入型VRをいつでも作成できます。

DELTAGENのモデル最適化機能があれば、複雑なデータセットも怖くありません。不要なパーツ・グループを自動的に検索して削除し、シーン・ツリーの階層を浅くすることで、パフォーマンスが大幅に改善します。同じマテリアル値を持つオブジェクトを一体化してシーン上の形状の数を減らすことで、ハードウェア要件を下げることができます。また、シャドウ・マップを大きなテクスチャ・アトラスにまとめることもできるため、ファイル数を減らし、シャドウ・テクスチャの未使用領域の処理時間を削減できます。集約されたシャドウ・テクスチャは、DELTAGENとHUBでも編集できます。3DEXCITE Direct Unity®プラグインを使えば、ゲーム・エンジンのVRやARなどのエクスペリエンス向けにシャドウ・テクスチャを作成することも可能です。

CG ワークフローは、DELTAGEN の CAD ソフトウェアから直接の XPDMXML ファイルのネイティブサポートにより、即座に合理化およびアップグレードされます。さらに DELTAGEN をダッソー・システムズ 3DEXPERIENCE® プラットフォームの機能にリンクさせることで、NURBS、UV、マテリアル、メタデータ、完全なアセンブリ構造を含むモデル・パーツを含む CAD ファイルを直接インポートすることができます。これにより、プロセスが簡素化され、必要な作業にフォーカスでき、ファイルの互換性について考える無駄な時間を減らします。

ポリゴン削減機能を使えば、CADモデルの表示品質を損なうことなくポリゴン数を大幅に減らすことができます。モデル最適化機能と組み合わせて使えば、ゲーム・エンジン向けのデータをすばやく簡単に作成でき、デスクトップ、モバイル、没入型とさまざまなコンテンツを制作できます。デジタル・アセットの拡張や再利用にも威力を発揮します。

ポリゴン削減機能を使えば、CADモデルの表示品質を損なうことなくポリゴン数を大幅に減らすことができます。モデル最適化機能と組み合わせて使えば、ゲーム・エンジン向けのデータをすばやく簡単に作成でき、デスクトップ、モバイル、没入型とさまざまなコンテンツを制作できます。デジタル・アセットの拡張や再利用にも威力を発揮します。

の強力な自動アンラッピング機能は、目に見えないシームで、完璧なテクスチャリングを提供し、マテリアルを完全にカバーすることができます。結果的に得られる、スムーズでゴージャスなテクスチャは、現実の部分と見分けがつきません。シャドウ UV には自動アンラッピング機能が備えられており、テクスチャをよりスムーズに直観的かつより少ない作業で高品質に作成できます。

洗練されたジャケッティング技術により、時間と労力を節約し、モデル削減効果を向上させます。パーツをひとつずつ分離するのではなく、グループまたはパーツごとにオクルーダーを定義し、さまざまな品質設定の結果を素早く比較して、データの最適な準備方法を判断します。

DELTAGEN プラグイン・モジュール

個々のユースケースに対して、高度に特殊化されたモジュールを使用して、DELTAGEN 機能を強化します。

製図者、プロダクト・デザイナー、3D アーティストが共同作業している場合でも、DELTAGENを使用することによりお互いのファイルをそれぞれ開くことが可能です。CONVERTERを使用すれば、アプリケーション間でのデータ変換が円滑に行われ、汎用的なCADシステムとの連携がシームレスになります。

サーフェイスの法線を自動修正できる便利な機能のほかに、ファイル内の構成を簡略化できるツールなども用意されています。

また出力面では、UNITY®やUNREAL®などリアルタイム・ゲームエンジンへの出力も可能になります。

もはや、妥協する必要はありません。今や複雑なシーンを高速でハイエンド・クオリティでレンダリングすることが可能になりました。SCALEを使用し、ネットワークを通じて他のワークステーションをクライアントに設定します。そして、レンダー・ジョブをパッケージ化して使用可能な全てのユニットに転送します。このようにリソースを最適に利用することで、大容量データも品質面で妥協することなくレンダリングすることが可能になります。

DELTAGENの標準的なスケーリングモジュールは、最大2つのGPUと2つのCPUでの演算に対応し、個人用モニターからパワーウォールに至るまで、様々なプレゼンテーション規模に対応しています。SCALEは、革新的な結果と、優れた効率性を提供し、ハードウェアが持つ力を最大限に活用します。

ANALYZERは、すばやく、直感的で、正確なジオメトリ解析、測定を行い、断面図を描くことができます。デザインを明確で、包括的なプレゼンテーションにするための必要な情報をビジュアライゼーションデータに追加することが可能です。

このDELTAGEN用オプショナル測定モジュールでは、レイヤーから断面を作成してモデルを比較するのと同様に、オブジェクトのジオメトリの位置関係や2点間の距離を測定することができます。これにより測定プロトコルでの時間を削減することができます。ANALYZERは、必要なすべての情報を包括的に、かつ安全なビューで表示します。

DELTAGENで作成した3Dリアルタイムモデルをバーチャルワールドで体験してください。自身の動きを中心とするヘルメットをかぶり、バーチャルリアリティの世界でどの角度からでもインタラクティブに操作・体感し、テストすることができます。また、パワーウォールやプロジェクター設備を最大限に活用するSCALEのご利用も可能です。(CAVEs)

統合されたトラッキング機能により、ユーザーの動きがカメラのコントローラーに送信され、ユーザーはモデルを操作することでオブジェクトとのインタラクションが可能になります。また、動きのあるオブジェクトや追跡オブジェクトとの衝突判定にも対応しています。このプロセスでは他のモジュールにアクセス可能となり、例えば、アニメーションの開始、バリアントの表示/非表示や、断面図を作成することができます。このようにして、IMMERSIVEはバーチャルリアリティを通常業務の一部とすることが可能になります

製品のレビューやマーケティングおよび販売のユースケースのために、リアルタイムのシーンを専門的に提示します。 マルチタッチナビゲーションにより、完全なバリアントコントロールと幅広い機能を備えたWebページを閲覧するのと同じくらい簡単にシーンと対話できます。 XPLORE DELTAGENは、完璧なプレゼンテーションシナリオと視聴者とのシームレスな対話を保証します。 表示されるシーンを直接制御することで、検証プロセスを促進し、意思決定をスピードアップします。 XPLOREは、タブレットまたはモバイルデバイスから製品プレゼンテーションを直接昇格させます。