DELTAVIEW

3DEXCITE DELTAVIEW

3Dデータの表示、共有と対話による比較検討

描画品質を損なうことなく、いつでもどこでも 3D データをプレゼンすることが可能です。

DELTAVIEW は、CGアーティストとマーケティング担当者が、ユーザーフレンドリーなUI環境で3D シーンを表示することで、ステークホルダーへの簡便なプレゼンテーションを可能にします。モデルのアニメーションとバリアントの作成はすでに DELTAGEN で作成されているので、あとはDELTAVIEW を使用してリアルタイムに表示させるだけでプレゼンを行うことができます。

一旦シーンが DELTAVIEW に読み込まれると、ユーザーは、カメラを動かして様々な角度からモデルを確認したり、バリアント設定を変更するなど、3Dワークフローで得られた柔軟性をフルに活用することができます。アニメーションを再調整または再設定する必要がある場合は、DELTAGEN で修正しながらDELTAVIEW上に表示することができます。合理的かつ効率的なソフトウェア・ポートフォリオのシナジー効果を最大限に活用してください。

DELTAVIEW に必要なハードウェア仕様は一般的なもので、ノートパソコン上でも表示が可能です。コンテンツは、DELTAGEN と同じく高い品質で表示されます。

主な特徴

  • いつでも、どこでも3Dシーンにアクセス
  • 部門間での3Dデータの共有と表示
  • インタラクティブな3Dモデル操作による詳細なレビュー
  • 静止画、動画、3D立体視のエクスポート

DELTAVIEW プラグイン・モジュール

個々のユースケースに対し、専門性の高いモジュールを使用してDELTAGEN 機能を強化

DELTAGEN ANALYZERは、すばやく、直感的で正確なジオメトリ解析や測定を行い、断面図を描くことができます。デザインを明確で包括的なプレゼンにするために必要な情報をビジュアライゼーションデータに追加することが可能です。

このDELTAGEN用オプショナル測定モジュールでは、レイヤーから断面を作成してモデルを比較するのと同様に、オブジェクトのジオメトリやポイント間の位置関係や距離を測定することができます。これにより測定プロトコルでの時間を削減することができます。ANALYZERは、必要なすべての情報を包括的に、かつ安全なビューで表示します。

もはや、妥協する必要はありません。今や複雑なシーンを高速で高品質でレンダリングすることが可能になりました。SCALEを使用して、ネットワークを通じて他のワークステーションをクライアントに設定します。そして、レンダー・ジョブをパッケージ化し分散して、クラスターして、全ての使用可能なユニットに転送します。このようにリソースを最適に活用し、大容量のデータを品質面で妥協することなくレンダリングします。

DELTAGENの標準的なスケーリングモジュールは、最大 2 つのGPUと2 つのCPUでの演算に対応し、個人用モニターからパワーウォールに至るまで、様々なプレゼンテーション規模に拡大することができます。SCALEは、革新的な結果と優れた効率性を提供し、ハードウェアが持つ力を最大限に活用します。

XPLORE は、コンテンツ共有や操作を迅速かつ直観的にタブレットなどのUIで行えるので、3Dモデルのプレゼンテーション・エクスペリエンスを向上させます。これまでになく簡単にアセットのプレビュー、アップロード、ダウンロードが可能となり、大容量コンテンツでも迅速なページのブラウズが可能です。オンデマンド・ローディングによるプレビューでは大きいイメージのアセット表示も可能です。

また、XPLORE では、アセット・コレクションのフィルタリング、検索、および作成が可能です。HTML リンクで共有されるコンテンツには、主要なブラウザからアクセスすることができます。XPLORE は、文書、スライド・プレゼンテーション、静止画、動画から3D モデルまで幅広いファイル形式に対応しています。3Dモデルを自由自在に操れるようになります。