クラッシュテストシミュレーションの研究

ホンダはDELTAGEN Real Impactによる3D クラッシュシミュレーションテクノロジーを、他社に先駆け実現しました。

ホンダの技術者は、3Dシミュレーション結果から3DEXCITEの技術が可能にした驚愕的な画像を生成し、複雑な構造分析を直感的な方法で表現しています。DELTAGEN Real Impactを利用することでLS-DYNAシミュレーションの結果を写真のようなリアルで高品質な画像に変換し、レンダリングを実現するため、「視覚的認識」を共有することができます。このソリューションはカスタムLS-DYNAトランスレーターとDELTAGENのアッセンブリの利用を通して大量データにも対応します。ホンダはこのシステムを導入することでシミュレーションビューを回転したり、必要のないパーツを取って問題のコンポーネントに集中するなど、より詳細な解析を実施しています。またシミュレーション状態でリアルタイムのインタラクションを実行したり、衝突順序を再現するオフライン動画も制作できます。

『このテクノロジーのおかげで、私たちは正しい意思決定を行い、衝突シミュレーションの結果を容易に理解し、車両設計にかかる時間を節減できるようになりました。』ホンダR&Dアメリカの衝突安全グループ、CAEテクニカルリーダーのEric DeHoff氏は語ります。『このツールにより、開発に関わる全ての技術者が車両設計の安全性を包括的に理解することができます。』

作品をもっと表示